歯科インプラント治療

歯科インプラントとは

「入れ歯」の、固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする、といったお悩みを解消するための新しい治療法がインプラントです。インプラントは人工歯根療法とも言われ、失ってしまった歯がもともとその根に当たる部分を埋めていたあごの骨に人工の歯根を埋め、その上に人工の歯を固定する為の土台とするものです。

 

歯科インプラント治療を行うとこうなります。

歯を1本失った方

先天的に歯の少ない方や事故などで歯を一本だけ失った方は、ブリッジのように周囲の健康な歯を削る必要がありません。インプラントは失った天然歯およびその歯根の代わりをします。

illust_impl... 画像 009.jpg画像 013.jpg

歯を数本失った方

歯周病や虫歯などが理由で歯を失った場合、インプラントを数本埋入し、修復する方法が最適です。ブリッジや部分入れ歯のように、周りの健康な歯に支えてもらう必要がありません。

illust_impl...  画像 012.jpgDSC_0112.JPG

歯を全て失った方

このインプラント治療は、もともと歯が一本も無い方のための効果的な治療法として採用されました。総入れ歯は短期的には良い解決方法かもしれませんが、長期的に考えると、支柱の働きをしていた歯の根を失ったことであごの骨が次第に縮み、最初は合っていた入れ歯も次第に緩んで使い心地が悪くなっていきます。また、骨を失うことにより、顔の形に影響してくる場合もあります。インプラントでしたらあごの骨と一体化するので、骨を丈夫にし、義歯をしっかり支えるので安心です。

illust_impl... 画像 008.jpg 画像 182.jpg画像 180.jpg
  固定式
ボーンアンカードブリッジ
可撤式
オーバーレイデンチャ―

 

歯科インプラント治療の順序

implant_1.png

implant_2.png implant_3.png

1.検査と治療計画

治療は、骨の中にチタン製インプラントを埋めるステップと歯を入れるステップの大きく2つの段階に分ける事が出来ます。十分な検査と綿密な治療計画を立てた上で、患者さんに合わせた治療を進めていきます。

2.インプラント埋入

局部麻酔のもと、あごの骨にチタン製のインプラントを挿入します。このインプラントが新しい歯の土台となります。

3.治癒期間(骨結合)

インプラントを挿入したあと、歯肉で覆い、オッセオインテグレーション(インプラントと骨の結合)が得られるのを待ちます。通常の治癒期間は3~6ヶ月。この間は仮の義歯を使用する事が出来ます。

implant_5.png implant_6.png p_03.jpg

4.アバットメント連結(歯冠の土台)

インプラントが完全にあごの骨と結合したら、アバットメントを連結します。この状態で歯肉が治癒するまで、個人差がありますが、1~6週間ほど待ちます。

5.義歯や補綴物(人工の歯)を作る

歯肉の治癒後、補綴物を作るための型取りをします。歯の形や色を決めて、補綴物が完成したら、アバットメントに装着し固定します。

6.メンテナンス

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期検査をしながらきちんと管理していきましょう。

※ インプラントの保障期間は「インプラント体10年」、「上部構造3年~5年」となります。
※ インプラント治療についてもっと知りたい方は、お気軽にご相談下さい。
 

ページトップへ